子育て支援

丹波篠山市 子育てガイドブック

子育てをサポートする制度や、遊び場所など丹波篠山市ならではの子育てに必要な情報をまとめました。

子育てサポート

丹波篠山市は自然環境に優れ、安心して子どもが成長できる良い環境にあります。

市では、「子育てするなら丹波篠山がいちばん!」をめざし、妊娠から出産、育児まで、子育て世代に対する相談支援の充実や、産前産後の子育て支援の充実など、丹波篠山市ならではの子育て支援に取り組んでいます。

今回は、妊娠から出産、子育て期までを中心に、保護者や子どもたちをサポートする市の支援制度を紹介します。

安心して妊娠期を過ごし、出産から子育てまで切れ目ない支援のため総合相談窓口『ふたば』を開設し、子育てに関する相談に保健師・助産師が対応します。
『ふたば』では、全ての妊婦さんと面接し、必要なサービスを紹介するなどニーズに合わせて継続して子育てを応援します。

・My助産師ステーション
安心して子どもを産み育てることができるようMy助産師による産前産後ケアを実施しています。担当助産師が保健師などと協力し、妊娠や出産の悩みや不安によりそい、健やかな出産、育児につなげます。

・産後ママのサポート事業
出産後のお母さんと赤ちゃんの新生活を応援するため、医療機関や助産師が、宿泊や日帰り、訪問で産後のお母さんのからだのケアや授乳指導、育児相談を行います。

・お問い合わせ
子育て世代包括支援センター『ふたば』( 丹南健康福祉センター 健康課内)
TEL. ( 079)-594 – 5080

・開設日
月曜日~金曜日 8:30~17:15

詳細リンク

お問い合わせ / 創造都市課 (079) 552-5106

定住促進重点地区(畑・日置・後川・雲部・福住・村雲・大芋・西紀北地区)に在住する子どもの保護者

①未就学児(保育園・認定こども園・幼稚園に在園する子を除く)小学1年生、4年生、中学生、高校生の子ども1人当たり3万円
②保育園・認定こども園・幼稚園に在園する0〜2歳の子どもの保育料相当額
(上限あり)を助成
※助成は①、②どちらかになります。

お問い合わせ / 医療保険課 (079) 552-7103

丹波篠山市内の0歳から中学3年生までの子ども
(小学4年生以上は所得による支給制限あり)

・通院・入院とも保険診療にかかる自己負担額の全額

詳細リンク

お問い合わせ / 健康課 (079)594-1117

予防接種を受ける日に生後6カ月~15歳(中学3年生)である方

1回目2,000円、2回目500円を補助

詳細リンク

お問い合わせ / 社会福祉課 (079)552-7101

0歳から中学修了前の児童を養育する方

・年齢区分、所得額に応じて支給

詳細リンク

お問い合わせ / 社会福祉課 (079)552-7101

第3子以降の子どもを出産し養育する父又は母で丹波篠山市内に5年以上定住する意思を有する方

・出生児1人につき20万円

詳細リンク 

お問い合わせ / 健康課 (079)594-1117

市内に住民登録がある妊婦

・妊婦1人あたり10万円
(多胎の場合は5万円を追加助成)

詳細リンク

お問い合わせ / 健康課 (079)594-1117

丹波篠山市に住民登録がある産後おおむね1ヶ月の産婦

・産後の健康診査にかかる費用
(産婦1人あたり2回・各上限5千円)

詳細リンク

お問い合わせ / 健康課 (079)594-1117

市内に住民登録があり、新生児聴覚検査を受けた児の保護者

・新生児聴覚検査にかかる費用(新生児1人あたり一回、上限5千円)

詳細リンク

お問い合わせ / 健康課 (079)594-1117

丹波篠山市に住民登録があり、母子健康手帳の交付を受けた妊婦

・妊娠全期を通じてかかる妊婦健康診査費用の助成
1人14回 12万円(上限)多胎の場合は5万円を追加助成

詳細リンク

お問い合わせ / 健康課 (079)594-1117

不育症の検査や治療を受けた夫婦

・1年間で不妊治療費に要した費用(上限20万円)

詳細リンク

お問い合わせ / 健康課 (079)594-1117

一般不妊の検査や治療を受けた夫婦

・1年間で一般不妊治療に要した費用(上限5万円)

詳細リンク

お問い合わせ / 健康課 (079)594-1117

兵庫県特定不妊治療費助成事業の助成決定を受けた夫婦

・1回の治療について、治療に要した額から県の助成額を控除した全額(上限10万円)

詳細リンク