好きな場所で新しい暮らし2

好きな場所で新しい暮らし2

暮らしの豊かさを感じる宿“をテーマとして2020年1月に丹波篠山の城下町にゲストハウス「Taosタオス」をオープン。今までにない価値観を持つお客様に向け丹波篠山の「飾らない魅力・温かいふれあい」を感じて欲しいと、お客様の様々なニーズに合った旅の提案をされています。

 

伝えたい魅力と求められる魅力

私は、いったんは丹波篠山を離れ、10年後に戻ってきました。最初は、地域の会社や個人の事業をサポートしようとWEB制作の会社を起業しました。今は、城下町で古民家ゲストハウスを運営しています。戻って来た時、新しいお店が増えつつも、古き良き様子を残して変わらないまちだという印象を受けましたが、丹波篠山は、暮らす人々の日常生活を身近に感じることができる、数少ない観光地です。丹波篠山を旅するお客様は、日本の奥ゆかしさを感じられる場所、自然の中でゆっくりできる場所を探している方なので、丹波篠山で暮らす人が何気なく享受している自然の美しさを心地よく感じ、その魅力に引き込まれていきます。たとえばご宿泊いただくと、目覚めてすぐに川の水の流れる音が聞こえたり、季節によっては、霧が立ち込める幻想的な景色があります。そんなところから、この地域の魅力が伝わると思っていますし、お客様はそれを魅力と感じて丹波篠山を選び、お越しになっていると思います。

 

自分らしい旅

Taosは若い女性の友達同士でのご利用がほとんどです。ご予約の後、事前に飲食店やお買い物などの地域情報をお伝えし、ご来館いただいた際にその情報をもとに旅の予定についてお話しします。その中で、お客様は自分の好みに合った“丹波篠山の楽しみ方”を見つけられ、「自分らしい旅」をご自身で計画されています。ゲストハウスのお客様と接する中で、丹波篠山は今あるどこか懐かしく、自分らしく過ごせる場所を守り続けることが大切だと思っています。そしてその魅力をどのように伝えるかを常に考えています。

 

 

おもてなしの可能性

この地域の良さは一日では伝わらないので、何度も訪れてもらう仕組みが必要です。そのため、お客様へ色々なお店や観光スポットを提案したりしています。
旅のご提案の中で現在の課題は、朝食ですね。朝に城下町を散策していただくとき、朝食をとっていただけるところが少ないのです。今は簡単に調理できる朝食セットをゲストハウスにご用意していますが、今度、河原町にオープンさせる「Oito(オイト)」では、朝食の提供を考えているので、朝から夜まで丹波篠山を満喫していただけるようになります。私たちのサービスに多くのお客様が満足していただければ、それが丹波篠山の評価につながり、また多くのお客様が訪れてくださいます。

 

 

歴史の魅力

古民家にひかれてTaosを訪れるお客様もたくさんいらっしゃいます。Taosでは、“丹波篠山の古民家に暮らす”をイメージしていただけるよう、館内の調度品はできるかぎり丹波篠山にゆかりのある作家さんのものを用意し、建物の改修の際にも地元の職人さんに依頼しました。決して高級なしつらえではありませんが、趣があり、古民家でない住宅にも応用できます。Taosを訪れることで、丹波篠山での暮らしをイメージしてもらえると嬉しく思います。

 

仕事と暮らし

今後は、丹波篠山に移住や起業したいと考えている方たちのお手伝いができればと考えています。私が戻ってきて、たくさんの方々に支えていただいたように、この地域には受け入れてくれる土壌がしっかりとあると思います。地域とゆるやかにつながりながら、深く理解し合う環境があることを知ってほしいです。Uターン起業した私だから提案できることもありますし、仕事と暮らしをトータルで考えることをお手伝いさせてもらうことで、移住や起業する方の理想を実現する近道になればいいなと思います。

 

 

「旅がキッカケで移住へと結び付けられる役割ができればいいな。」と話される西本さん。心がけている接客は、あえて友人として接する事だそうです。丹波篠山で育ったからこそ知っている魅力と、一度市外で生活したから気づく魅力との融合をはかり、独自のキャラクターと相まって丹波篠山で温かいネットワークを構築されています。