篠山で暮らす人々 #3

畑地区 みたけ里づくり協議会 事務局長 小島博久さん

 この地域は、御嶽の裾野に広がる里山の景観が美しい地域です。以前は外部との関わりはあまりありませんでしたが、約7年前から神戸大学や地域おこし協力隊と連携し、地域の考え方が変わっていきました。

最初はお客さんのような扱いでしたが、一緒に地域活動に取り組んだり共に食卓を囲んだりしている内に次第に心が通い、今では卒業した後も関わりを持ってくれて嬉しく思っています。移住者も少しずつ流入がありますが、これからの時代は人口が減っていくことは仕方ないし、高齢化率も上がっていきます。今後は、買物支援や景観整備など、親切心で支え合う集落運営を目指していきたいです。

”地元で暮らす、移住して暮らす、それぞれ様々な想いがあり、様々な暮らしの風景があります。きっとここには、豊かな暮らしの形があります。自分の求める暮らしの形を探してみてください”