篠山で暮らす人々 #18

古市地区自転車工房 ハイランダー 代表 村上 大輔さん

 高校生の時から自転車は趣味でやっていました。それをきっかけに高校卒業後は、大阪の自転車ショップでスタッフ兼ロードバイクの選手として5年くらい修行させてもらい、様々なことを学ばせていただきました。

その後、篠山へUターンして自転車整備の仕事で4年前に起業しました。都会の生活は人が多くて疲れることがありますね。田舎の方が私に合っていると思いました。家を出て5分~10分で峠がありますし、いつでもトレーニングができる環境があり、自然を肌で感じることができるのが魅力だと思います。

今後は多くの方にそんな魅力を知ってもらえるように、発信していきたいなと思います。

”地元で暮らす、移住して暮らす、それぞれ様々な想いがあり、様々な暮らしの風景があります。きっとここには、豊かな暮らしの形があります。自分の求める暮らしの形を探してみてください”