篠山で暮らす人々 #15

大山地区 一般社団法人 天内 代表理事 伊勢 隆雄さん

 2005年に大山宣言というものがあり、内容は先人が残してくれた地域資源をしっかり守っていこうという内容でした。過去には林業が盛んな地域でしたが、間伐ができていない山が広がり、耕作放棄地が増えたりと課題が多くあったので、その部分をもう一度見直そうと考えて「一般社団法人 天内(あもち)」を設立しました。

そして法人格になれば活動資金が必要になってきます。そこで目を向けたのが地域内で消費されていた「天内芋」でした。地域に元々あった物を再評価して発信することで、活動も活発になりました。今後は様々な地域のコミュニティを活性化させ、地域が長く続いていければと思います。

”地元で暮らす、移住して暮らす、それぞれ様々な想いがあり、様々な暮らしの風景があります。きっとここには、豊かな暮らしの形があります。自分の求める暮らしの形を探してみてください”