就農補助制度

新規就農者支援制度

新規就農を検討されている方をサポートする補助制度が充実しています。

<対象者>
県が認める農業経営者育成教育機関で研修を受ける者で、50歳未満で就農を予定しているなど、一定の要件を満たす者

現在、兵庫県が認める農業経営者育成教育機関(一例)
・兵庫県立農業大学校(加西市)
・楽農生活センター(神戸市西区)
・丹波農(みのり)の学校(丹波市)

<交付金額>
12.5万円 / 月(最大150万円)× 最長2年間
※研修修了後1年以内に、独立自営の経営開始又は農業法人等へ就農しなかった場合、及び交付期間の1.5倍(最低2年以上)就農を継続しない場合は全額返還。
※研修後1年以内に親元就農する場合も対象となるが、5年以内に経営を継承をしない又は共同経営者にならない場合は全額返還。
※自立自営を目指す者は、就農から5年以内に認定新規就農者又は認定農業者にならない場合は全額返還。

<対象者>
50歳未満で独立・自営就農し、「地域計画(人・農地プラン)」に位置付けられている(又は位置付けられると見込まれる)など、一定の要件を満たした認定新規就農者(青年等就農計画を作成し、市町村から認定を受けた農業者)
原則:前年の世帯所得 600万円以下
<交付金額>
12.5万円 / 月(最大150万円/年)× 最長3年間
※要件を満たさなくなった場合や、農業経営を中止または休止した場合は、交付停止。
※交付期間と同期間、同程度の営農を継続しなかった場合などは返還。

<対象者>
就農時の年齢が原則49歳以下の認定新規就農者、令和5~6年度中に、新たに農業経営を開始し、独立・自営就農する等、複数の条件があります。
<交付金額>
機械・施設等導入にかかる経費の上限1,000万円(経営開始資金の交付対象者は上限500万円)に対し、都道府県支援分の2倍を国が支援します(国の補助上限 1/2)
〈詳しくはこちら〉

<対象者>
青年等就農計画を市長が認定した「認定新規就農者」
<助成額>
①農業用機械助成
①家賃助成
③農地貸借料助成
家賃月額の1/2以内で上限3万円/月
(3年間補助:1年目3万円、2年目2.5万円、3年目2万円)

新たに農地を一定期間借り受ける農業者に対し奨励金を交付します。
<対象者>
市内に住所を有する農業者で、新たに農地を借り受けた方
<助成対象>
農地中間管理機構を通して、新たに農地を借り受け、借受期間が10年以上の農地
<助成金額>
経営面積3ha未満:10,000円/10アール(上限100,000円)
経営面積3ha以上:15ha未満 6,000円/10アール(上限100,000円)
経営面積15ha以上:2,000円/10アール(上限100,000円)

<申請書類>該当者に申請書類を送付します。(令和7年2月ごろ)
※令和年度をもって奨励金制度を廃止します。

<対象者>
新規就農者(新規参入者・UJIターン者)・農業参入企業・農業法人・生産拡大に取り組む農業者等
<助成内容>
対象施設の導入への支援を通じ、利用者が支払うリース料・使用料を軽減
<対象施設>
園芸用ハウス及びその附帯設備・機械
<補助率等>
新規就農者:補助率1/2以内
農業法人 等:補助率1/3以内
<1件あたりの補助上限額>
2,500万円

<対象者>
認定新規就農者(青年等就農計画を作成し、市町村から認定を受けた個人・法人)
<貸付条件等>
(1)資金使途:施設、機械の取得等
※農地等の取得は除く
(2)貸付利率:無利子
(3)借入限度額:3,700万円

詳しくは日本政策金融公庫にお問い合わせください。
〈詳しくはこちら〉

<対象(応募要件)>
(1)兵庫県の農業振興に熱意を持つ身体強健な概ね50歳以下の者
(2)近い将来、兵庫県内において就農を希望し、かつ、野菜又は花き栽培での就農プランを持つ者
(3)一定以上の農業に関する知識を持ち、兵庫県の平均以上の農業経営(所得)を目指す意欲と実行力を有する者
<研修内容>
・自ら栽培計画を作成し、パイプハウス2棟(約500㎡)を利用し、農作物の栽培を行う。
・自ら販路開拓を行い、販売戦略、経営管理などの農業経営の実践力を高める。

研修期間や応募方法など詳しくは、兵庫県のホームページをご確認ください。
〈詳しくはこちら〉

丹波篠山農学校

黒大豆・山の芋など丹波篠山市の特産品や土づくりなどの農業基礎知識について、座学や現地視察で学べる「丹波篠山農学校」を開設しています。新規就農者・農業後継者・女性が元気に楽しく農業に取り組んだいただける環境作りを行っています。

「楽農セミナー」では、農業の知識や、基礎技術を年数回の講座形式で学ぶことが出来ます。
対象:丹波篠山市内で農業をされている方、丹波篠山市内で農業を始めようとしている方
受講料:無料
〈詳しくはこちら〉

お問い合わせ :丹波篠山市役所 農都創造部 農都政策課  (079)552-1114

トラクターの運転経験に応じた実習講座を開催します。トラクターの操作方法を学ぶことができます。

参加対象:丹波篠山市内在住の女性
受講料:無料
〈詳しくはこちら〉

お問い合わせ :丹波篠山市役所 農都創造部 農都政策課  (079)552-1114

山の芋栽培の基礎知識と技術を座学と実習により学ぶことができます。

参加対象:丹波篠山市内在住で農地を所有されている方、山の芋の販売を予定されている方
受講料:2,000円(初心者コース) / 10,000円(販売者コース)
〈詳しくはこちら〉

お問い合わせ :丹波篠山市役所 農都創造部 農都政策課  (079)552-1114

黒豆栽培に関する知識と栽培技術管理を座学と栽培ほ場実習により学ぶことができます。

参加対象:丹波篠山市内在住で農地を所有されている方(黒大豆の栽培経験の浅い方)
募集定員:10名(先着順、定員になり次第締め切り)
受講料:2,000円(収穫物はお持ち帰りいただけます)
〈詳しくはこちら〉

お問い合わせ :JA丹波ささやま営農指導課 TEL.079-556-2355
丹波篠山市役所農都政策課TEL.079-552-1114

安全な里山整備講習、チェーンソーの使い方や森林の伐採実習など、森林整備に必要な知識や技術が学べます。

参加対象:丹波篠山市内在住の森林所有者、概ね20歳以上
受講料:無料
〈詳しくはこちら〉

お問い合わせ :農都創造部 森づくり課 TEL.079-552-1117

農業後継者経営発展事業

これからの兵庫県の農業を担っていく意欲的な若手農業後継者の農業経営の更なる発展に向けて、規模拡大や生産性の向上、効率的かつ安定的な農業経営の実現への取組みに支援を行います。

対象者: 認定農業者の後継者として親元就農する新規就農者

※就農5 年以内の親元新規就農者(就農時50 歳未満)で、認定農業者(経営主との共同申請または経営の構成員に位置付けられていること)であり、国の事業(農業次世代人材投資資金(開始型)等)の対象とならない方(就農日:平成29 年4 月以降)

支援額:上限1,500 千円(定額補助)

採択者: 30 名(令和3 年度)