市民の皆さん向け!「移住と空き家の勉強会」

秋もすっかり深まり、紅葉も色づき始めました。

黒枝豆の収穫が落ち着き始めた11月。篠山市東部地区 大芋地区 福井自治会の「わが家・わが村のふるさと篠山に住もう帰ろう運動」をテーマにされた住民学習会に参加させていただきました。

本来 “classo”は、市外の移住希望者様向けの記事を意識しています。今回は市内の皆さんにも「篠山暮らし案内所」を知っていただき、自分たちの地域をどのように守っていくのかを考えるキッカケとしての会の記事です。移住をお考えの皆さんにも、今 篠山のみなさんが、どのように考えておられるのかを知っていただきたくて書いています。

大芋地区は、三嶽連山の麓にあります。のどかな田園風景と山々から流れる水の豊かな地域です。ここでとれる野菜やお米は、篠山の中でも美味しいと評判です。移住者さんも多く、地域の皆さん一体となって様々な活動に大変意欲的な地域です。

カメラマン 林

今回行われた勉強会も、福井地区の定住推進委員様からお声掛けがあり実施されました。会場には約50人の皆さんがお集まりになっていました。

入庁2年目 西宮市出身の堀さん

まずは、篠山市役所 創造都市課の堀さんが「わが家・わが村のふるさと篠山に住もう帰ろう運動」の取り組みと助成金の活用について熱弁! フレッシュ!?な若者の話に、温かい気持ちで耳を傾けてくださっていました。

 

次きまして〜篠山暮らし案内所から、その業務の内容と移住相談者様と市内の空き家の現状を報告。

真面目な話をする仙林。激レア!?です。

40代の移住相談が多いことに、皆さん驚かれていました。

市外の皆さんには”篠山市は大変魅力的なのだ!!”と改めて認識いただきました。

質疑応答では、

市内の空き家の数は?や 空き家バンクは賃貸にも出せるのか?

どんな方がどのような目的で移住されてきているのか?

Iターン・Uターンでは、どちらが多いのか?

移住者の受け入れが活発な地域だからこその前向きな質問が多く出ました。

地域の皆さんが、移住者さんの思いを理解されようとしている気持ちがが伝わってきます。

篠山市は、移住をお考えの皆さんはもちろん、市内の地域の皆さんにもご理解をいただいてこその ”定住・移住促進” に取り組んでいます。それが ”篠山の魅力” により一層輝きを与えてくれると思っています。

 

最後に、福井自治会の皆様 貴重な機会を本当にありがとうございました。

 

〜おまけ〜

林のお気に入り 今回の THE BEST  PHOT

タイトル「王手を決める堀名人」(^.^)/

 

ご拝読、ありがとうございました!


丹波篠山 夏の思い出

お盆も過ぎ、デカンショ祭りが終わると、篠山の夏も終わりに近づきます。

稲の穂もたわわに実をつけて、秋の気配が感じられます。

皆様は、どのような夏をお過ごしになりましたか?

篠山暮らし案内所でも、篠山らしい夏の思い出をお届けしようと、篠山の祇園さんと言われる代表的なお祭り ”波々伯部神社の祇園祭” (ホウカベジンジャ)を取材させていただきました。

鉾山も2種類あります。男衆が前後片方の車輪をあげての方向転換は圧巻!

勢いよく派手に回れば回るほど、神様が喜ばれるそうです。

境内をねった後〜”渡御(御旅)”という神幸行列を組んで、田園風景の中を大歳森神社に向かいます。その神社に波々伯部神社の神様が慕う女性の神様がいらっしゃり、年に一度会いに行かれるのだそうです。ロマンティックですね。

粛々と列が続いていきます。、

お祭りには、たくさんの役どころがあります。

猿田彦大明神を先頭に、御旅行列が始まります。

可愛い”お稚児さん”も暑い中、一生懸命!

”宮年寄”は、世襲制で”渡御”の先導・キュウリヤマでの人形劇”デコノボウ”を伝承する役目があり、上下の柿渋染めがその威厳を高めています。

地域の皆さんの思いが一つになってこそできるこの”祇園祭”!

来年は、3年に一度の”キュウリヤマ”が出ます。その勇壮な姿を、是非ご自身の目でご覧下さい。

 

波々伯部神社 祇園祭は、毎年8月の第1土曜・日曜に執り行われます。


「丹波篠山 有機農法はじめの一歩ツアー」実施報告!

晴天の中、8月11日(土)に”有機農法はじめの一歩ツアー”に行ってきました!
いったいどんなツアーだったのか!?ご報告させていただきます〜。

篠山市 農都政策課 小西さんのお話

 

まずは篠山市農都政策課の小西さんより、助成金などを活用したい方にとって重要な”新規就農”や”認定農家”の申請。でも、どのように計画を書いたらよいのか・・・
実際に計画書の数字の入れ方などの要点をわかりやす〜くご説明いただきました。

 

そして、いよいよ〜酒井菊代さんの登場です!!!

篠山市で34年間 有機農法に取り組んでおられる酒井さん

 

長年の努力や苦労、また最近の有機野菜のあり方や資格取得について丁寧に説明してくださりました。(有機農法実践者のお話はやはり説得力が違いますね。)

そして何よりも大切なのは「自分のこだわりのために努力を惜しまず」「経験と勉強を積み重ねる」さらに農業経営を長く続けるために「些細なことでも記録に残しておく」事と説明されました。それでも小規模農家の厳しい現状はあるけれど、オーガニック野菜の価値をわかってくださる消費者の皆さんに野菜を届ける喜びを語ってくださいました。

 

そして畑に移動してからも有機農法に関する丁寧な説明が続きます。

無農薬・有機肥料であるからこその雑草や虫の対策等がありますよ〜とのこと

 

酒井さんは、生える雑草の種類でその土壌の成分や質がわかるそうです。土を知るのが有機農法の第一歩なんですね。野菜の生育と天候をみて、肥料をやるタイミングを決めるなど、農作業の難しさもお話してくださいました。

次は〜お待ちかね!?の草引き作業です。

 

手入れの行き届いた畑の土は、とても柔らかく〜面白いほど草がよく引けます!

 

仙林もMy鎌で、草引き〜

 

”そろそろ集合しましょうかぁ〜”とお声をかけるまで、参加者の皆さんが草引きに没頭される姿に、感動しました!

 

キレイになった畑〜黒豆さん元気に育ってネ!

 

トマトのハウスにて〜ハウスの土はなんと砂地!酒井さんのこだわりがここにも!

 

トマトの苗の周りには、バジルが植わっていました。バジルの香りで虫が寄りつきにくいそうです。そして、酒井さんから ”バジル持って帰っていいよ〜”と嬉しい一言が!!!

もちろん!素直な仙林は、遠慮なくいただきました(笑)バジルも有機栽培なので、安心してカプレーゼにトッピング!

 

今回のツアーは、”篠山で有機農法・自然農法がしたい”というご相談が多く寄せられたことからでした。

酒井さんに講師のお願いした時、、、

「篠山に住みたいのはわかるが、有機農法なんてしんどいことを本気でやりたい人がいるのか?ふわふわした気持ちの人ばかりなら、意味はない!」と言われました。

おっしゃるとおりでした。しかし、マスコミで流れる良い農業のイメージや情報ではなく、一握りの喜びのために自然の影響を受け入れて日々努力されているご苦労を伝えないといけないと思いはじめ、

また、農業とお金のこともしっかりと理解いただきたいと考えがまとまっていき、

そこから実際に本気で就農されるために計画を立て、4〜5年かけて地域に入り篠山に農地を借りようとされている方もいらっしゃいますと、正直に酒井さんにお話させていただいて、今回のツアー講師を快諾いただきました。

ここ篠山で農業をお考えの皆様には、地域・風土・土壌を守っていただく意味も込めて”覚悟”が必要であることを理解して下さい!

そしてしっかりとご自分で考えて下さい。篠山暮らし案内所も情報収集し、できる限りのサポートはさせていただきます!

 

〜ツアー後、やっぱり篠山で農業をやりたい!と決意を固めたお二人〜

 

暑い中、皆さんに笑顔でお帰りいただいたのが本当に嬉しかったです!

最後になりましたが、酒井菊代さんとご主人様 本当にありがとうございました!


まるいのテレビ〜篠山暮らし案内所特集〜配信!

”classo” に出てくる ”篠山暮らし案内所” って、どんなことをしてるの?

今回、”まるいのTV” で篠山暮らし案内所の特集を組んで下さいました。実際に篠山に移住された方のインタビューもありますので、ぜひ御覧ください!

初めての収録体験で、見るものすべてに興味津々の私(仙林)。


篠山市視聴覚ライブラリースタッフの皆さん笑顔で、ガチガチに緊張している私をフォローしてくださいます。

司会の 松岡美穂さん と 山本絵蓮さん(篠山鳳鳴高校放送部)の和やかなリードのおかげで、収録もスムーズに進みます!

お世話になり、本当にありがとうございました!

ぜひぜひ、御覧ください!

ところで、classoマニアの方はお気づきかもしれませんが〜そうです!林がいません!

一人では心細いし、何よりまるいのTVのスタッフの皆さんも林に期待されているので、一緒に来て欲しいと懇願したのですが・・・聞き入れてはもらえず・・・ ”移住相談者様には優しい林” も ”オジサンのようなオバサンの仙林” には冷たいことが判明!!!!!!!!面談でお出会いの際は、おばさんにも優しくしてあげてと伝えて下さい。ご協力、宜しくお願い申し上げます!

 

 


王地山焼に出逢う

篠山城跡近くの「大福堂」さん本店の2階ギャラリー

”丹波青磁 篠山藩窯 王地山焼展”

に行ってきました!

大福堂

店内に入ると、美味しい和菓子に目を奪われますが・・・今回は「王地山焼」!

落ち着いた店内に、数々の作品がキラキラ輝いています。

店内の様子

 

鎬(しのぎ)の繊細さに驚嘆!

あ〜お菓子が気になる〜我慢・我慢!でも・・・少しだけ・・・


どんな陶工さんが作っていらっしゃるのか、気になりますよね。

なので〜

王地山陶器所にて
児玉 玲央奈(れおな)さん   昨年12月に パパ になりました!

意外とお若いですね!優しい物腰に、繊細な作品のイメージが重なります。

今回のイベントは、長期間になりますので 竹内保史氏の作品等の入れ替えも予定していますので、ぜひ足を運んで下さい! 〜児玉氏 談〜

陶器所内の様子

移住先を探しに来られる折のお楽しみプラス情報でした!


僕たちの好きな丹波篠山

今回は、”トライアルウィーク”で篠山暮らし案内所”に来てくれた、篠山中学校の2年生の2人に”僕たちの好きな篠山”を紹介いただきます!

では、林 海利くんの記事から〜

僕は篠山の《篠山城》が好きです。

理由は2つあります。

1つ目は、歴史を感じれるところです。

入り口には石垣があります。それは昔の人が石の大きさ・形を考えながら1つずつ積み重ねて出来たものです。そういったことから歴史(昔の人のくふう)が感じられるからです。

2つ目は、なんといってもお城からの景色です。高城山や小・中学校などが目に映ります。その景色は心を落ち着かせたり、気持ちが良くなります。

このように篠山には感動するスポットや、おもしろいスポットがたくさんあるので一度訪れてみてください。                                                    林 海利

 

続いて、小林 和真くん〜どうぞ〜

僕は、篠山の《大書院》が好きです。

大書院はとても大きくて中には、たくさんの物があります。木で作ってあり、 見た目もとてもキレイです。僕は中にはいるよりも外から見るほうが好きです。

石垣の所と合っていてとても堂々としていてかっこいいです。篠山市役所から見ると最高です。

その大書院から少し歩くと篠山の街を1度に見渡せるところがありその景色はとてもキレイです。

市役所から歩いていくと上からイノシシが襲って来るように見えるところがあります。はじめての方はとてもびっくりすると思います。

このようなところが篠山にはたくさんあります。自然豊かな所でとてもいい所です。是非一度来てみてください。                                            小林 和真

 

いかがでしたか?彼らがカメラをかまえて、皆さんに良い景色を届けようと取材してくださいました。何よりパソコンの操作の速さにビックリ!これからの丹波篠山が、彼らの若い力で大きく飛躍すること間違いないです!

 

最後に、小林和真さん・林海利さん お疲れ様でした。

楽しい時間をありがとうございました!


移住・定住応援ローン新設のお知らせ

篠山市と兵庫県信用組合「けんしん」の包括地域連携協定により

 

移住・定住応援ローンが新設されました。

 

篠山市内の空き家の改修等に使用できますので、篠山市への移住をお考え

 

の方はぜひご活用ください。

 

詳しくは、篠山市のけんしん」の窓口までお問合せください。

 

兵庫県信用組合 篠山支店 TEL079-552-2171

 

移住応援ローンチラシPDF

 


山笑う丹波篠山! ”春のれん” 開催

〜ゴールデンウィークをの〜んびり篠山で楽しまれたい方に〜

城下・河原町での”春のれん”はいかがでしょうか・・・

ゆっくりと妻入商家をお散歩しながら〜色々な作家さんの作品に出会い〜

まけきらい稲荷に開運・大勝利のお参り〜

散策の途中には・・・美味しい出会いがあるかもしれません。

 

王地山陶器所にて、軒の市期間中(4月29日・30日・5月3日・4日・5日・6日)は臨時移住相談も承ります!もちろん、ささやま市民センターでも相談窓口は開設しております。

丹波篠山 後川産の美味しいコシヒカリを召し上がっていただくスポットで〜丹波篠山の魅力トークでガンガン盛り上がれること間違い無し!(笑)

新緑を楽しみながら、ゆったりと篠山歩きを堪能して下さい!


”漆喰”って奥深い!古民家が永く残る理由

篠山暮らし案内所では、皆様のご相談に対応できるように各方面のプロの方にお世話になって”勉強会”を行っています。いつもは、会議室で難しいお話を聞くことが多いのですが・・・今回は伝統技術”漆喰”についてのお勉強!

そもそも”左官”とは、土や砂をこねて扱う(塗る)人。とにかく職人技がクールなんですが、先ずはお話から〜

土の種類の多さにビックリ!

燃えやすい木の家を、手に入りやすい土に水を混ぜてできる泥を塗ることにより耐火性と調湿機能を兼ね備えた土壁になることを発見。戦国時代には、貝灰を混ぜて(現在も土佐地方には残っているそうです)土壁の強度を上げる技術が生まれます。(文献により諸説あり)

兵庫県内から土を取り寄せられているのですが、ここにも”丹波篠山産”がありましたッ。

篠山層群から採取された赤錆土です。これが壁になると〜

 

右上段の可愛いピンク色の優しい雰囲気の壁に(*^^*)

ちなみに〜右下段の黒(炭)と赤(ベンガラ)の漆喰は”みがき”と言われるもので、職人技術の最高峰と言われる大変高価な漆喰です。写真ではわかりづらいのですが、表面はピカピカに輝いており、それが”コテ”だけで仕上げられていくのですから感動です。

いざ!実践!!

先ず、土台の中塗りされた壁を湿らせて、白漆喰を塗ります。

職人さんは、なめらかな動きでスイスイ〜。

”林!いきまぁ〜す”

”あれ!?”コテで漆喰がすくえない・・・思うようにコテが動かせない(T_T)

職人さんの凄さを実感!

続いて、漆喰の特性を活かした「泥だんご」作り

キレイに固められたお団子に少しづつ色付けされた漆喰を塗り、コテの代わりにガラス瓶の口で優しく擦っていきます。その作業を繰り返すと〜

約1時間をかけて、高級泥だんごの完成!(左:林 作・右:仙林 作)

今回の勉強会で、イギリスのポルトランド地方より伝わったコンクリートは、50年で強度が落ちるのに対し、漆喰は200年かけて強度を上げていくことを知りました。改めて、日本の伝統技術に感服しました。気になるのはお値段ですが・・・クロスと比較すると約3倍だそうです。しかし、長期間髙い調湿機能と身体に良いことを考えるとその価値には納得です。

最後になりましたが、左官職人の皆様 素人相手に色々とご指導下さり、本当に有難うございました。益々のご活躍、心より願っております。

写真のお団子展示は、篠山暮らし案内所で行っております。お立ち寄りの際は、是非御覧ください(笑)


篠山暮らし案内所 顔の見える化計画発動!

丹波篠山の移住定住相談窓口classo に問い合わせた時、いったいどんな人が相談にのってくれているの?本当にこの人に相談して大丈夫なの!?そんな不安を一気に解消!!篠山暮らし案内所の個性的な面々をご覧あれ!

 

まずはこの人!

大對 信文(おおつい のぶゆき)相談員

篠山暮らし案内所の知恵袋。長年の経験からにじみ出る“篠山愛”が、言葉の重みとなって相談者様の心に響く。地域の歴史から民話までも網羅するその知識は、丹波篠山暮らしをより一層身近に感じさせてくれるスペシャリスト。篠山暮らし案内所にこの人あり!

 

続きましては!

廣岡 和哉(ひろおか かずや)相談員

福島県より移住して丸6年。篠山ジモティよりも篠山を知りつくした男。地域の観光案内はおまかせ!丹波篠山の暮らしを日々楽しみ、仕事と趣味の境目がないほどの”篠山ファン”。毎日の激務も飄々とこなし 飛び回っているので、彼に相談にのってもらうのは激レア!

 

からの〜!

林 健二(はやし けんじ)相談員

丹波篠山産のお米とお酒(地ビールも含む)をこよなく愛し、昼夜を問わず、常に丹波篠山の新しい情報にアンテナを張り巡らせている。”なるほど!””いいっすね~”と連発しながら、あらゆる移住相談を受ける。本人の自覚はないが、天然キャラで極度の雨男。彼が現地案内の時は傘のご用意を!!

 

最後はこの人!

仙林 寛実(せんりん ひろみ)相談員

相談員不動産の知識を大對氏から、篠山の魅力を廣岡氏から、篠山の今とPCスキルを林氏から叩き込まれる修行の日々。彼女の原動力は、丹波篠山の自然と地域の皆さんとのおしゃべり!見た目年齢に重きを置き 最大限の悪あがきをしているが、そこは触れないでやって下さい!

 

 

その他、地域の協力不動産会社・不動産鑑定士・古民家再生のスペシャリストの皆様にも協力いただいて、全力で取り組んでいます!

ご安心いただけましたか?

〜ここでお詫び〜

”篠山暮らし案内所”では相談員の指名制はお受けしておりません(笑)

どの相談員に当たるかは、あなたとのご縁によります。

お気軽に”篠山暮らし案内所”をご利用下さい!


丹波篠山 木々も春の装い

丹波篠山も桜の季節を迎えました!

もう少しで満開です(^0^)/

 

篠山城跡・王地山と篠山には沢山の桜スポットがございます。

何気ない河川敷の桜並木と土手のたんぽぽ。自分だけのお気に入りスポットを探してみてはいかがでしょうか。

 

 

篠山は、”どこか懐かしい” そして ”何か新しい発見” の感じられる場所です。


天空の城

年の瀬の慌ただしい中、皆様いかがお過ごしですか?

篠山も冬本番をむかえ、寒さも厳しくなってまいりました。

そんな折、とても心踊る写真を入手いたしました!

 

篠山に天空の城 現る!

 

歴史に残る 難攻不落の巨大山城 ”八上城” が、雲海に浮かびあがっています。

八上城は室町時代に、丹波富士とも呼ばれる高城山(標高460m)に築かれた山城で、波多野秀治の居城として知られています。織田信長の丹波攻めが開始されると、丹波攻略の司令官だった明智光秀に攻められ、天正7年(1579年)に落城しました。

天正3年前後より11回にわたる攻撃にもゆるがなかったと言われる、地形を活かした山城の勇壮な姿に圧倒されます。

 

ご存知のとおり霧は、寒暖差によって生じます。その寒暖差で美味しくなることから

丹波篠山特産 山の芋 は ”霧芋” とも言われています。

こちらの写真は、市民の方から提供いただきました。

お気づきでしょうか?私どもの篠山暮らし案内所のある”市民センター”が霧の中浮かび上がっています。お越しの際の参考に~なるとよいのですが・・・。

今年も Classo をご覧いただき、本当にありがとうございました。

来年も更なる進化を目指し、1人でも多くの方の笑顔に繋がるように精進してまいりますので、宜しくお願い申し上げます。

良いお年をお迎え下さい!!

年末年始 お休みのお知らせ  12月29日~1月3日 お休みとさせていただきます。