篠山で暮らす人々 #5

岡野地区 岡野太鼓 代表 松本 ますみさん

 現在は、社会福祉協議会に勤務しています。今まで福祉といえば高齢者や障がい者だけに目がいきがちで、なかなか子どもまで支援できていませんでしたので、岡野地区で「こども食堂」をスタートしようと決めました。子ども同士や地域とのつながりを深める居場所をつくることで様々な課題を抱える家庭の支えになっていければと思いますし、今後は篠山市内に広げていきたいですね。

ここは地域の方の理解があるのが強みでコミュニティ活動なども充実しています。人の繋がりを大切に考えている地域で、頑張っている人、困っている人がいたらみんなでサポートしようという土壌が成熟してきていることが、地区の人口増加に繋がっているのかもしれませんね。

”地元で暮らす、移住して暮らす、それぞれ様々な想いがあり、様々な暮らしの風景があります。きっとここには、豊かな暮らしの形があります。自分の求める暮らしの形を探してみてください”