株式会社名南精密製作所 河原翔太

製造業の仕事は面白い!?

 

製造業の仕事の面白みは何か。今回のインタビューで垣間見えた気がします。

今回ご紹介するさせていただくのは、株式会社名南精密製作所さんです。金属加工メーカーとして、自動車や建設用重機の部品を製造組み立てされています。

本社工場及び篠山工場では、製造工程をリアルタイムに記録するIoT の導入もされており、設備投資に積極的です。

インタビューさせていただいたのは、入社されて7 年目の河原さんです。現場でNC 旋盤での製造業務を担当されています。

 

早速ですが、今の仕事内容は何でしょうか?

 

「NC 旋盤という工作機械を活用した製造を担当しています。具体的には、製品をつくるための段取りを組んだり、設備オペレーターをしています。」

 

どうでしょうか、仕事に手応えはありますか?

 

「あります。製品をつくっていると、意外にも思い通りに精度が出ないことがあります。そんなときに先輩に聞いたりしながら、自分で試行錯誤して、狙ったものができたときはやっぱり嬉しいですね。」

「工作機械に取り付ける刃物の調整など、ちょっとしたミスで狙い通りにいかないことがあります。その原因に気づき、解決できたときは達成感がありますよ。」

試行錯誤しながら完成させる。思った通りにいかないなかで、解決策を見つける。そんなときに、うまくいったという感覚を感じるようです。

 

 

逆に、大変なことはありますか?

 

「納期が短い製品が多いので、現場ではてきぱきと動かないといけないですね。あと、建設用重機や自動車といった人命に影響が出るかもしれない乗り物の部品を扱っているので、緊張感というか、細かいところまで注意しないといけないという感覚はあります。」

大手エンジニアリングメーカーと取引されているために、求められる品質基準は高く、安定した製品供給が求められるようです。

 

ここには新卒で入社されたんですか?

 

「はい、新卒で入社して7 年目です。私は篠山出身ですが、学校卒業後は名古屋にある本社工場で働いていました。そして、今年の4 月に篠山に帰ってきて、篠山工場に勤めています。」

「学校を卒業したときは、地元を離れてみたかったんですよ。求人を探しているときに、“名古屋でモノづくり”という言葉がたまたま目に入って応募しました。モノづくりの仕事につきたいなとの想いがあったので。」

 

 

地元を離れて、名古屋での生活はどうでしたか?

 

「名古屋に出て、初めての一人暮らしをして、最初は不安でした。アルバイトしか働くという経験もなく不安でした。初めの半年くらいは、わからないことだらけでホームシックでしたね(笑)」

 

そのなかで篠山に戻られたきっかけは?

 

「結婚のタイミングでこっちに戻ることを決意しました。同じ会社とはいえ、篠山工場は具体的にどんなところかわからなかったので、迷いはありました。でも、恋人の要望もあり、篠山に戻ることを決意しました。」

 

本社工場と篠山工場は違いますか?

 

「製造している製品が違いますので、工場の大きさも仕事のやり方も違います。あと、こち

らは年齢が若い従業員が多いので、にぎやかですね。仕事中は集中していますが、休憩時間はみんなでわいわいと話しています。」

製造工場にはベテラン社員が多く、年齢の高い従業員が多いという印象がありました。しかし、篠山工場の従業員は平均年齢34 歳と若く、みなさん仲が良いそうです。

若手社員で活気づく、和やかな職場実際に工場内を見学すると、みなさん和やかに仕事をされていました。そこで、総務を担当されている中本さんに社内の雰囲気についてより詳細に聞いてみました。

 

 

「弊社は、フィリピン工場、ベトナム工場からやって来られた従業員の方も多いです。みんな、素直な子で日本人や外国人と関係なく仲が良いですね。」

「結婚とかの理由以外で辞められる方は少ないです。なぜか説明するのは難しいですが、居心地がいいんだと思います。」

 

同じ国籍のグループ内でしか、コミュニケーションがない工場が多いとよく聞くのですが?

 

「全然そんなことはないですね。私は外国人従業員の管理業務も担当しているので、彼らとよく会話しますが、何の隔たりもなく話しますよ。」

「ただなかなか言葉は伝わらないですね(笑) ベトナム語、英語、日本語と全然違う言語でやりとりするので。それでも、相手に伝えたいことが伝わった瞬間は嬉しいですね。」

言葉の壁があり、やはり伝えることは難しいと思いますが。

「なので、顔の表情いっぱいで(笑) あとは、ジェスチャーとかで伝えています。」

外国人従業員の方に伝えたいことが伝わったときが、仕事をやっていて一番嬉しいですか?

「そうですね。あとは、業務が多く忙しかったのが、だんだん片付いてきたときですかね(笑) あ、できてきたと思いますね。」

それは、わかります(笑) 溜まっていた業務が片付いてくると、仕事ができた!という気分になります。中本さんは、仕事が好きですか?

「好きです。もちろん、仕事はしんどいことがつきものです。でも、それをやりとげたときは手応えがありますよ。」

給料やお休みも、仕事を選ぶうえで大切です。ですが、自分がやっていて面白みがあると少しでも感じられる仕事こそ、長く働くために大切ではと思います。

できるだけミスの出ないやり方を考える。効率よくてきぱきと進める。うまくいかないときは原因を探し、対処する。ひたすら目の前の製品に集中して仕事をする。このように、製造業の仕事には、仕事全般に共通する大切なことが含まれている気がします。

 

 

製造業の仕事は面白い。ぜひ興味がある方、問い合わせてみてください。

住所〒669-2163 篠山市今田町本荘22-7
連絡先TEL:079-590-3370 
FAX:079-590-3390
社員数全体650名/市内事業所86名
URLhttp://www.meinan-ss.co.jp/
備考