なつかしくて新しい「丹波篠山市」へ!!

令和元年5月1日 「篠山市」は市名を変更し、「丹波篠山市」が誕生しました。

 

丹波篠山黒豆や丹波栗等の特産物で知られる丹波篠山は、歴史的なまち並みや伝統文化が残る城下町で、2ヶ所の重要伝統的建造物群保存地区と2つの日本遺産をもつまちです。

また、京阪神から1時間ほどの通勤・通学に便利な位置にありながら、豊かな自然の中でゆったりと子育てできる環境があります。

近年では、地元のおいしく安心安全な農作物、古いまち並みと農村風景という恵まれたロケーションを生かし、ショップやアトリエ、レストランをはじめる方も多くおられます。

ユネスコの創造都市ネットワークにも加盟し、先人が日々の暮らしの中で紡いできた「あたりまえ」と「ありのまま」に光をあて、それらを守りながら新しい価値と魅力を見出す取組も続けられています。

訪れる人や暮らす人がなつかしさとやすらぎを感じ、また、新しい何かを生み出せる希望を感じるまちで「丹波篠山暮らし」をはじめてみませんか?