篠山で暮らす人々 #12

西紀南地区 神戸大学地域密着型サークルにしき恋 代表 清水康平さん

 “にしき恋”は神戸大学生によるサークル活動で、農業ボランティアとして農家さんのお手伝いに行かせてもらったり、黒枝豆の生産販売などを軸として地域の温かさや田舎の良さに触れながら今年で活動6年目を向かえます。

やりがいを感じる部分は、地域の皆さんに“にしき恋”があって助かったと言われることや、都市部での黒枝豆の販売に行った時に「美味しい!こんな農作物があるのか」と篠山の食の魅力に気づいてもらった時ですね。今後は、この活動を通じて関係人口を増やしていきたいと思っていて、収穫体験を企画して都市部の方を招くなど普段体験できないものを提供して、交流を促進していきたいと考えています。

”地元で暮らす、移住して暮らす、それぞれ様々な想いがあり、様々な暮らしの風景があります。きっとここには、豊かな暮らしの形があります。自分の求める暮らしの形を探してみてください”