株式会社 みずほ 代表 山中 信人

・民間企業・養護学校での体験を活かした利用者目線の想いが溢れる施設

 

航空会社に14年間勤務した後、娘、瑞穂の病気を機に丹波篠山に帰ってきて早いもので26年が経ちます。前職と関連がある職種は何かな?というこうとで、平成4年にみずほトラベルという旅行会社を起業し2年前まで25年間旅行業を営みました。障害福祉の仕事をすることはその時は考えていませんでした。
平成13年頃、篠山養護学校高等部の生徒たちと北海道への修学旅行に同行する仕事をいただいたり、PTA会長時代にお母さん方の思いにふれたりしたこの頃から、娘のことだけではなく、様々な障害をもつ生徒たちの、養護学校在籍年数よりはるかに長くなるであろう「地域での暮らし」にスポットをあて、地域での福祉資源を増やし、市民の皆さんに障害者に対する理解を深めていきたいと考えるようになりました。養護学校の先生から、民間企業の経験を生かした、子どもや家族の思いの溢れる通所施設を作ってほしいと依頼されたのもちょうどその頃です。やる以上は、地域の皆さんに、より障害者への理解を深め、関わってもらえるような施設を作りたいと思い、市民参加型の障害者通所施設「いぬいふくし村」を篠山市乾新町に設立し今年で15周年を迎えます。

※株式会社みずほ 山中信彦様

・社会性を身につけ、地域社会と触れ合える障害者短期入所施設

障害者の地域での暮らしを支えていくためには、短期入所(ショートステイ)やグループホーム等の夜間施設の充実も大切と考えるようになり、平成27年3月、障害者短期入所施設を開設しました。天国に旅立った娘の名前をとって「みずほの家」と名付けました。
ショートステイは、障害者が月に1~3回程度泊りに来ていただく施設です。利用者がお泊りされている間に、社会性を身につけてもらったり、お友だちを見つけてもらう一方、介護をされているご家族の方にリフレッシュしていただきたいという思いで3年間運営してきました。そうしているうちに、ご家族の方から「町の中心地から少し離れた大きな施設ではなくて、町の中で、小規模サイズの施設で暮らすところがほしいよね。」という声があがってきました。確かに福祉の仕事をしていて痛感するのは、需要と供給が合っていないんですよ。
20年ほど前からグループホームという制度は存在していたのですが、全体的な数が足りていません、ですので少しでも増やさなければいけないのではないかと強く思うようになり、昨年12月に、ショートステイの隣地に「グループホームななつ星」を開設しました。定員は6名、入居された障害者の皆さんが地域の一員として近隣の人たちと普通の関わりと保ちたいと考えています。地域の皆さんに支えられるだけでなく、グループホームが地域の皆さん(特にご高齢者)を支える役割を果たせるといいですね。お互いに支えあっていけるような社会の実現を「ななつ星」を拠点に展開していきたいと考えています。

・立地を活かした地域と共生出来る施設づくり

篠山市は、高齢者10人に1人が一人住まいです。身体の不自由な高齢者、女性の一人暮らしが多いですね。そんな課題がある中、高齢者と障害者の共生ができないかと考えています。高齢者福祉と障害者福祉、制度的には異なりますが、「ななつ星」の空間の中で、互いに楽しく交流できればうれしいです。通常のグループホームよりリビングルームを広くとっています。先日もご近所の方にお越しいただいて、昔懐かしい手遊びなどをして楽しみました。そうしたら両者の歩調が合うんですよ。互いにゆったりしていますからね。どうしても、障害者施設の仕事で思い浮かべるのは、専門的でしんどい介護の仕事。“そんなんできひん”と思われる方が多いと思います。実際娘の時もそうでしたが、重度障害で寝たきりなので抱き方もわからない。逆に迷惑を掛けてしまうことになるかもしれない。そんな声をよく聞きました。確かにそういう一面はありますが、障害福祉の仕事には直接の介護以外にも重要な役割があります。傾聴、見守り、料理、外出支援、余暇支援など。特に余暇支援の分野では私は皆さんに「ご自身の今までの経験、趣味、特技を生かした支援が障害者にとても喜ばれますよ、心あれば誰でもできます」とお伝えしています。

 

※代表取締役社長  山中信人様

・兄弟の成長を見守っているような幸せな仕事

大学に入学から社会人生活まで市外での生活に主になり、篠山市には年数回くらいしか帰れませんでした。そしていつも心の片隅には、妹(みずほ)に兄らしいことをしてあげられていなかったという想いがずっとありました。そんな時に父からグループホームの話が出て、妹が与えてくれた良い機会なのかなと考え篠山に帰ってきてお世話になった地域の為に働きたいなと思う現在に至ります。まだ働きかけて2ケ月くらいなのですが、毎日めちゃめちゃ楽しいです。グループホームも楽しいですし、短期入所(ショートスティ)も日ごとにメンバーが変わって、どんどん仲間が増えていく。利用者さんも、「お兄ちゃん、お兄ちゃん」と言ってくれる。僕にしたら兄弟が増えているという感じですね。利用者さんの笑顔が間近で見られる、ゆっくりですが、日々成長されている姿を近くで見させてもらっているということが幸せで、仕事をしているというよりも大家族で毎日楽しく過ごしている様な雰囲気で仕事させていただいています。

※専務取締役 山中祥平様

・お世話になった篠山に恩返し この町で花咲かせたい

兄と両親と同じですが、妹、瑞穂の存在が大きかったですね。妹に小さいことから寄り添ってきました。その妹が二十歳を超えて生きてこられたのはこの町のおかげ。篠山の温かい雰囲気、福祉なども充実してきています。他の地域で花を咲かせるより帰ってきて地元の仲間と一緒にやりたいと思いました。もともと篠山が好きなので。 もちろん、親の温かさも見てきているので一緒にできたらなというところもありました。  今後はショートスティ、グループホームをひとつでも増やして利用者さんを一人でも多く受け入れたらなと思います。近隣にはショートスティ施設が無い市町もありますので、ご縁があればさせていただきたいと考えています。


・隙間の時間に得意なことを発揮する働き方

現在スタッフは総勢20名です。介護、調理、清掃、送迎、外出支援、余暇支援、夜勤と内容も多岐にわたっています。常勤は5名だけで、あとは全員パートさんです。多くのパートさんは、他業種と兼務されていて、週に1~2回空いた時間に来てもらっています。6時半から8時半まで朝食作りに従事して9時からは別のお仕事に就かれるなどスポット、スポットで自分の希望する時間に働くことも可能ですし、自身の得意な分野を活かせる職場でもると思います。料理が得意な方は厨房、お話をしたり聴いたりするのが好きな方は余暇支援、利用者さんに編み物を教えに来ていただいたりもしています。ご自身の得意なことを発揮しに来ていただくことだけでも大丈夫です。


・あたたかい雰囲気で過ごす アットホームな職場環境

篠山市だけではないですが障害者施設はどこも働き手が不足しています。篠山市の施設を代表して言っています! ドロドロした環境ではなくとてもピュアな世界ですよ! 職員がストレスを抱えていたり、バタバタしていると利用者さんにすぐ伝わってしまいます。利用者さんの家族にはなれないけれど、家族のように思い接することはできるので、そういうところを大切にして温かくゆったりとした職場環境づくりを目指しています。障害者に対しての技量よりは気持ちが大切です。知識、技量はだんだんと備わってきますので、「障害のある人もないひとも皆んな同じ」というように接することのできる方なら誰でも務まると思います。 いつでも見学に来てくださいね。お待ちしています。


株式会社 多紀ミート 代表 酒井 正徳

・先代からの継業と見据える先

そもそもの会社の始まりは、先代の父が今から30年ほど前に精肉加工食品店「株式会社多紀ミート」を篠山市で営業を開始したところからで現在は、私で2代目となります。以前は、東京への出店や大手販売店との連携など事業の拡大、縮小を繰り返し、今の会社の形態に落ち着きまして現在では、篠山市内に「肉の西紀本店」・「美味庵はひふへほ」・「肉の西紀惣菜専門店」、「炭火焼きダイニング磁枇絵」の4店舗の経営をしています。先代と共に考え、学んできた事を受け継ぎ、企業努力を怠らず「安くて美味しいもの」を届けたいという思いを念頭に置いて、長く愛されるお店づくりを常に心がけながら地域密着で商売をさせていたただいています。

・地方で生き残る企業のマインド 

篠山市といえば古くから城下町を中心に、観光の町、歴史文化の町というイメージがあり現在でも多くの観光客で賑わっています。市外からのお客様が増えることは、私たちにとっても、篠山市にとっても、大変有難く思います。
そのような立地を活かし観光客をメインのターゲットとしているお店は多いのですが、私は、地域のお客様に魅力的に感じていただけるお店づくりを今後も続けていきたいですね。やはり地元の文化を支えてきたのはそこに住む人達だと考えたからです。つまり地域の食文化が充実していないと魅力的な発信を続けていくのも厳しくなるのではないかと思います。それに観光客で賑わう良い時代は長くは続かないとかも知れませんからね。

・大切に思うは基本のキ

私が大切にしている事、地域の皆さんに喜んでもらい長くご愛顧いただけるお店を目指しています。そのためにどこに重点を置いているかというと、非常にシンプルで「良い食材を出来るだけお安い価格で食べていただきたい」という部分です。どうしても利益重視になってしまうとこの業界での生き残りは難しいと思います。お肉のブランド、産地にこだわるとどうしても価格が上がってしまいますし、安さだけではなく、もちろん味も良くなければいけません。ですから私は10年以上の食肉加工の経験で身につけた目利きで、全国の産地からより安くて、美味しい物だけを厳選して仕入れて提供しています。その他に地域の魅力をより深く知ってもらいたいとも考え、篠山の特産品でもある「猪肉」などの全国発送などもおこなっています。

 

新たな分野への挑戦

私は昔から仕事がオフの時は色々な分野の趣味に関心があり没頭してきました。例えば、篠山というフィールドでキャンプしたり、ロードバイク、フィッシング、登山とかですね。そういうところから仕事の活力やヒントを多く学びました。そして今後は篠山市にある魅力的な里山の資源を活用して飲食業以外の違う業態にもチャレンジしていきたいですね。日々の業務に追われながら新たな業態の事を考えて、これに手をだしたらもっと忙しくなるかもと思いますが、そんな新しい事を考えるのが好きで一番ワクワクできる瞬間かも知れません。

・求める人材は俺の右腕!?

特別な技術があるとか、他より秀でているとか、明確なビジョンがあるとか、普通の企業だったら言うと思いますが、僕はそんな人材を求めてはいません。むしろ僕が求める人材は、普通の人で大丈夫です。だって最初から何でもできる人なんていないと思うからです。じっくりゆっくり成長してくれたら良いと思います。僕自身が20年間の社会人の経験で蓄積したノウハウを余すこと無く共有できますし、いずれは飲食業で起業したい!とか精肉加工の技術を学びたい!とか僕の右腕となり働く事など、いろんなパターンで働くことが可能です。将来的には僕がいなくてもお店が任せられるようになり、会社を支えてくれる人材に成長していってほしいですね、だけど飲食業は独立がゴールみたいな考え方があるから難しれないね、やっと一人前に成長したと思ったら独立しますみたいにね(笑)。本心では、仕事を通して見える事を共有しながら長く一緒に長く働ける人が良いなと思いますが、まずはアルバイトからでもかまいませんので気軽にお問い合わせください。

 


清酒 秀月 狩場酒造 代表 狩場 一龍

・創業101年「清酒 秀月」

大正5年、丹波杜氏のふるさとここ丹波篠山に、丹波杜氏である初代狩場藤蔵が造り酒屋を自ら立ち上げました。弊社は、300石程の小さな蔵元ですが、従業員7名、酒造繁忙期には20名が働いています。

 

 

 ・働き方は様々、ライフスタイルに合わせた仕事の在り方

良いお酒を皆様にお届けするため、製造直売にこだわっているので、製造・販売に係る様々な仕事があります。現在、正社員のうち2名は、冬季は蔵人として酒造りをして、冬季以外はお酒の手入れや瓶詰めに係る仕事、又、販売の仕事もしています。

季節雇用の蔵人の中には、農業をするために篠山にIターンで移住してきた方もいます。春から秋にかけては農業に従事し、農閑期の冬には弊社で酒造りに取り組んでいます。

 

※インタビュー者:狩場酒造 代表 狩場 一龍様

 

・有期契約の方が杜氏に興味を持たれて技術を学ぶ事はできますか?

勿論できます。酒造りの経験を積めば丹波杜氏組合に加盟し、丹波杜氏になることができます。

 

・職人と呼ばれる経験を積むにはどれぐらいの時間がかかりますか?

一人前の杜氏になるには約10年かかるといわれています。しかし、酒造りをするには色々な工程が有って、どれも重要な作業なのでそれらの仕事を一つ一つ覚えていけば良いのです。

当蔵の杜氏は86歳現役丹波杜氏では最高齢です。その杜氏が「酒造りは毎年1年生」と言っています。奥の深いやりがいのある仕事です。

 

 ・まずどんな内容のお仕事から覚えればいいのでしょうか?

先ずは、先輩の蔵人と一緒に作業をしながら、酒造りに使う道具や機械の使い方を覚えていきます。例えば、原料米を洗う。蒸したお米を運ぶ。ポンプを使ってお酒を移動する。このような内容の仕事です。先輩方はみんな丁寧に指導してくれますので、自然と覚えていきます。

 

 

・農業 × 杜氏 =「やりがい」とは

当蔵の藤井杜氏は、「我々杜氏の仕事は、麹菌や酵母等の自然の力がお酒を造るための活動しやすい環境を整えたり、お手伝いをすることです。」と言っています。

農業もその土地の土壌やその年の天候に左右され、自然との共同作業で作物を育ていきます。そういった点では農業と酒造りとは相通じるところが多くて、魅力とやりがいを感じるのではないでしょうか。

 

・清酒「秀月」のこだわり

原料米にこだわり、麹米は「山田錦」を使用し、お米は全て精米歩合60%です。仕込み水は、自然に恵まれた丹波篠山の清らかな伏流水を使っています。

造りは、「子どもを育てる」ように目をかけて決して手を抜きません。

搾りは昔ながらの搾り機で、丸一日かけてゆっくりと搾ります。出来上がったお酒の品質管理を徹底し、良い状態でお届けできますよう直売方式を採っています。

 

・「清酒 秀月」今後の挑戦

さらに質の高いお酒、これからの日本酒の主流となると思われる吟醸・大吟醸を造っていきたいと考えています。

そして、多くの方に喜んでいただけるよう営業・販売にも力を入れ、どうすればお客様に満足していただけるかを念頭に置き、従来の日本酒という枠に捉われない柔軟なマーケティングを展開していきたいと思っています。

酒造り・販売、全般に関わる仕事に興味のある方はぜひお越しください。お待ちしています。力を合わせていきいきと共に歩んでいきませんか。

 


有限会社 高橋ペイント 代表 高橋久史

・「創業67年」地元に愛される企業 高橋ペイント

主な業務は、一般住宅の屋根や外壁の塗り替えや、公共工事の中での塗装工事、防水工事、足場工事などで大正ロマン館や、市役所、公民館などの塗装などの工事を請け負っております。現在私で3代目になり、地元で愛される企業を目指し、戦後から地道に続けて今年で創業67年を迎えさせていただきました。現在では現場が3人、事務・管理3人、計6人仕事をしています。

 

 

 ・色の見え方は千差万別!?一級塗装技能士が考えるお客様満足

塗料の色は見る人より違って見えることがあります。もちろん天気や明るさによっても見え方は違います。しかし、近年では色にこだわりのあるお客様が増えていますので、事前のお客様との打ち合わせの時間を我々は非常に大切にしています。そして一番難しいのが調色作業ですが、昔は現場でその都度ペンキを作っていました。白という基本の色があって赤と黒と黄色があり、それを現場で合わせて色を作っていました。現在では、時代の流れとともに、朝現場に行ってから色を合わせるのに時間が取られてしまうので、事前にお客様と色の打ち合わせをし塗料をメーカーに色をきちんと伝え事前に作ってもらい、それらの材料を仕入れて、朝から現場ですぐに作業に移れるようにすることで、納得のいく色彩、作業時間の短縮という部分でお客様の満足を考えています。

・難関!国家資格一級塗装技能士の資格取得

一級塗装技能士の試験では、実技と学科と両方あります。特に難しい実技の色の調合では基調となる3色の色を合わせて1つの色を作る試験をメインに行います。その他にスプレーで楕円を三回吹いて、パターンを出すといったことや、壁に模様をつけたりします。私が受けた時は、1級2級同時に200人くらい一緒になって受験して、ひとりひとりにブースがあり、そちらで個々に作業するという形になっていまして、刷毛の使い方、スプレー缶の使い方、作業の動きに無駄がないか、作業場を散らかしていないかという所が採点対象となり、制限時間6時間~8時間で一気に仕上げなくてはいけません。ですのでクリアする課題も多く現場経験が1年以上でないとなかなか取れません。ですがこの資格を有しお客様と向き合うことでより良いサービスが提供できるのではないかと考えています。

・手間を惜しまず、入念に。耐久性を高めるこだわり

訪問販売等で値段を安くして契約をとるような塗装会社もありますが安価な業者は、作業内容が昔ながらのローラーで丁寧にペンキを塗るのではなく、機械を使用し、スプレーで吹いてしまうということが多いのです。スプレーではなく、時間をかけて丁寧に塗りあげる事が当店のこだわりですね。

<スプレーの場合>

・ローラーに比べて塗装後のペンキの層が薄く、色が剥げやすくなる為早く退色してしまう。※紙のように薄くなってしまうようなイメージ。

<ローラーの場合>

・しっかりペンキが厚い層になることで退色しにくく、色が長持ちし剥げにくい。
・膜がしっかりしているので耐久性が高まり長持ちする。

※高橋ペイントでは一つ一つ丁寧にローラーを使用し作業しています。事前にお客様の所へ伺い建物の診断をし、その結果をDVDで図面を届けたりと入念な打ち合わせがあって、ひとつひとつ丁寧に長く使っていただけるものをご提案させていただいております。

・お客様の想いをカタチに出来るやりがい

お客様のお宅に伺い、時間を掛けて打ち合わせをして、外へ出て外壁の色やこだわりなどをお聞きしてから丁寧に施工して、実際にお客様のご要望通りに仕上がった時「新築みたいに綺麗になりまいした!ありがとう」と喜ばれる事がこの仕事を続けていく上での一番のやりがいですね。

・今後の塗装業会を担う若手職人の募集

どの業界でもそうかもしれませんが我慢強く、辛抱強く長く続けられる人を求めています。特に我々の業界の仕事は夏は暑い、冬は寒い中、3階4階に相当する高所で作業をすることもあります。そういった環境の中で長く続けてもらえる若くてガッツのある方は是非とも高橋ペイントに入社してください(笑)。入社当初は経験の豊富な職人と一緒に、約半年間ほど働いて経験を積んでもらい、それから簡単な工事であれば一人で現場デビューしていただきます。うちの会社では60代、70代の現役の職人さんも在籍していますので、長年培った経験を受け継いでその技を後世に残していける人材を探しています。是非私の右腕になっていただければと思います(笑)。