Q&A

準備

丹波篠山ってどんなとこですか?

丹波篠山は、山間盆地特有の気候風土により、コシヒカリを中心とした稲作のほかに黒大豆・山の芋・栗・松茸など、全国にその名を馳せた多くの農産物に恵まれています。また、豊かな自然や伝統と歴史のまちとして知られ、国指定史跡「篠山城跡」を中心に広がる城下町のたたずまいや、日本六古窯の一つ「丹波焼」の窯元が軒を連ねる独特の風景、さらには市内各所で見られる里山を背後に抱く集落景観は、ふるさとの原風景を残す心安らぐまちとして多くの観光客が訪れています。このほか、早春の「篠山ABCマラソン大会」、春の「にしきシャクナゲまつり」、「大国寺と丹波茶まつり」、夏の「デカンショ祭」、秋の「味覚まつり」と「丹波焼陶器まつり」、冬の「イノシシまつり」など、四季を通じて行われる多彩なふるさとイベントは、その魅力を高め、訪れる人の心をとらえてやみません。

ふるさと篠山へ住もう帰ろう運動とはなんですか?

近年、健康志向・環境意識の高まりや、ゆとり・やすらぎを求めるなどの価値観の多様化が進み、多くの都市住民において農山漁村の自然環境などといった地域資源に対するニーズが高まってきていると言われています。「都会に近い田舎」と言われる丹波篠山は、そんな皆さんのU・J・Iターンのニーズをかなえる「日本一のふるさと」をめざし、市民を挙げて「ふるさと篠山へ住もう帰ろう運動」に取り組んでいます!!

※UJIターンとは(国土交通省UJIターン支援サイトより抜粋)
Uターン:出身地から地域外へ進学や就職のため都会に出た後、出身地に戻ること。
Jターン:出身地から地域外へ進学や就職のため都会に出た後、出身地の近隣地域に戻ること。
Iターン:出身地にかかわらず、住みたい地域を選択し移り住むこと。

丹波篠山へ行くにはどのくらい時間がかかりますか?

丹波篠山は「都会に近い田舎」とも言わるように、京阪神からは、自動車で約1時間、JRでの所要時間も、大阪~篠山口間で約1時間です。多くの市民が阪神間へ通勤、通学しています。

ready_pic03

丹波篠山で暮らしたいのですが、まず何から始めたらいいでしょうか?

まず、自分が丹波篠山で何をしたいのか、それぞれの田舎暮らしをイメージしてみましょう。どんな環境でどんな暮らしを求めているのか。その目的がはっきりしたら、丹波篠山へ行き、そこで人とふれあうことから始められることをお勧めします。

丹波篠山で暮らすための総合的な相談窓口を教えてください

4月に交流や移住希望者の応援、丹波篠山暮らしの相談窓口を担う「丹波篠山暮らし案内所」を下記のとおり開設いたしました。どうぞお気軽にご相談ください。

●相談窓口
篠山暮らし案内所:月~日 9:00~17:00
〒669-2321 兵庫県篠山市黒岡191
篠山市民センター内
TEL・FAX 079-552-4141
E-mail:pocket-collabo@bz03.plala.or.jp

篠山市政策部企画課 篠山へ住もう帰ろう室:月~金 8:30~17:00
〒669-2397 兵庫県篠山市北新町41
TEL079-552-5106・FAX 079-552-5665
E-mail:kikaku_div@city.sasayama.hyogo.jp

いきなり暮らすのも不安があるので、一度丹波篠山へ行ってみたいのですが

今のところ「体験ツアー」や「モデルプラン」などは実施していません。年間にあるさまざまなイベントなどを通じて、何度も訪問されることをお勧めします。例えば、将来の移住候補地の周辺を散策してみたり、現在の勤務場所まで通勤可能な距離であるかを調べてみたり、子どもと一緒に自然散策をしてみたりと、足を運ぶたびに新たな発見もあることでしょう。どうぞお気軽にお越しください。

また、ここで重要なことは最低でも1泊2日の日程で行くこと。明るい昼間だけではなく、夕方、夜、早朝と変化する24時間を楽しみながら過ごすことで、思いがけない風景の変化に出合えることがあります。

丹波篠山では、雪はどのくらい降るのでしょうか?

ひとくちに丹波篠山といっても面積も広く、一概には言えません。また、年によって違いますが、市内で5cm程度の積雪が数回ある程度です。道路の除雪は行われますが、マイカーには冬用タイヤも準備しておいた方がよいでしょう。

暮らす

空き家、貸家、住宅情報を教えてください

篠山市では、市内の空き家を紹介する「篠山市空き家バンク」を実施しています。ここでは、田舎暮らしを充分に理解したうえでこれから家を探そうとする方と、市内の空き家をマッチングいたします。また、丹波県民局でも「たんば田舎暮らしワンストップ相談窓口」を開設し、地域の不動産業者と連携して田舎暮らし物件情報をご案内しています。

マイカーはいりますか?

丹波篠山には、路線バスやJRなどに加え、コミュニティバス、乗合タクシーなど、公共交通基盤は一定、整備されていますが、都市部と比較すれば便数が少ないなど、思うように利用することができないかもしれません。そういったことから、できればマイカーはあった方が便利です。

病気などになったときのことが心配です。医療機関や保健福祉の情報を教えてください。

ご安心を!都市部程ではないかもしれませんが、中核医療機関である兵庫医科大学ささやま医療センターなどの総合病院、個人開業医や診療所も各地域にあります。

インターネットはできますか?

田舎はインターネットもつながらない・・・。そのようなイメージがあるかもしれませんが、篠山市内のほぼ全域に光ファイバー網が整備され、ネット環境はかなり快適です!これまでと同じように情報収集ができ、インターネットを利用したSOHOビジネス(自宅を仕事場にして、情報通信ネットワークを利用して業務を行うワークスタイル)の可能性も広がっています。

携帯電話は何処でも使えますか?

篠山市内のほぼ全域で使用できます。(※ただし、すべての携帯会社の電話が利用できるわけではありません。また、一部の地域で、山の陰などにより電波が届かない場所があります。携帯電話のエリア状況は各携帯電話会社HPから確認できます)ワンセグ対応エリアも広がりつつあります。

田舎暮らしの生活費は?

既に移住された方からの話によると、田舎と都会の生活費を比べると、都会での生活には不可欠だった費用を抑えることができ、全体的には田舎のほうが生活費はあまりかからないそうです。例えば、家について、賃貸で借りる場合は家賃が安くなり、所有する場合でも固定資産税は安くなります。また、米や野菜などは近所の農家から分けてもらえたりすることがあり食費も安くなることもあるとのことです。しかし、すべてのものが安くなるわけではなく、車の維持費や燃料費、暖房費などが高くなるとの声も聞かれます。

地域にとけこむ&ご近所付き合いはどうすればいいですか?

都会とは違い、隣に誰が住んでいるのか知らないというようなことはほとんどありません。
一見のんびり見える田舎の生活ですが、実は案外忙しいものです。自治会(集落)ごとに共同体として生活しているので、集落内の道路の草刈りや川の清掃などの労力を提供することも必要になってきます。

都会では隣人の顔や名前も知らないことが多いかもしれませんが、田舎ではご近所付き合いはとても大切。何かあれば、助け合い、協力し合い、ともに生活していくというスタイルは今も昔も変わりません。季節ごとに祭事や共同作業、地域全体のイベントがあります。その機会を逃さず、積極的にご近所付き合いをされてはいかがでしょうか。

働く

働く場所はありますか?就職についてはどこに相談すればいいでしょうか。

職種にもよりますが、サービス業や製造業などを中心に就職場所はあります。ハローワークにご相談ください。
また、ハローワーク柏原(柏原公共職業安定所)内にある「ふるさと就労相談コーナー」で、専門の人材アドバイザーが、丹波地域(篠山市、丹波市)で就職を希望される学生の方や、UIターンして地元就職を希望される一般の方に対し、ニーズに応じた就職先の開拓など、きめ細かな職業相談を行っています。

なお、篠山市HP(リンク)においても、ハローワークの求人情報や、随時、開催される「企業紹介フェア」や就職フェア(求人企業合同面接会)などの情報を掲載していますので、ご活用ください。

●相談窓口
ハローワーク柏原 篠山出張所(柏原公共職業安定所篠山出張所)
〒669-2341 兵庫県篠山市郡家403-11
TEL:079-552-0092/FAX:079-552-5579

ハローワーク柏原(柏原公共職業安定所)
〒669-3309 兵庫県丹波市柏原町柏原字八之坪1569
TEL:0795-72-1070/FAX:0795-72-1282

丹波労働相談・しごと情報広場電話
〒669-3309 兵庫県丹波市柏原町688 丹波県民局商工労政課内
TEL:0795-73-3867

若者しごと倶楽部
(学生の方、おおむね35歳未満で仕事をお探しの方や脱フリーターを目指している方、Uターン就職希望の方に、求人情報の提供や相談、キャリアマネジメントなど、さらには職業紹介を行われています)
〒650-0044 兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目1-3 神戸クリスタルタワー12階
TEL:078-366-3731/FAX:078-351-3374

●労働相談窓口
兵庫県勤労者相談(兵庫県県民総合相談センター勤労者相談)
〒650-0044 兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目1-3 神戸クリスタルタワー6階
TEL:0120-2-81610

●労働基準監督署関係
伊丹総合労働相談コーナー
〒664-0881 兵庫県伊丹市昆陽1-1-6 伊丹労働総合庁舎3階(伊丹労働基準監督署内)
TEL:072-772-6224

農業を始めたいのですが、どこに相談すればよいですか?また、支援制度はありますか?

新規就農といっても、生産物や栽培方法などが違えば就職までのアプローチも違います。農業の現状や、具体的な就農先、農地の確保や農業技術習得、資金調達など、多岐にわたります。また、新たに農地を取得するには、農地法等に定める要件を満たす必要がありますので、市役所農林政策課や市農業委員会、さらには、兵庫県でも「新規就農相談センター」を設置して、就農に関する総合的な相談対応を行っていますので、お気軽にご相談ください。丹波地域では農林振興事務所でも情報提供を行っています。

ほかにも、高等学校卒業(見込みを含む)以上で25歳未満の方を対象とした、全寮制の「兵庫県立農業大学校(農産園芸課程と畜産課程の2コース・2年制)」もあります。なお、就農支援資金(無利子)などの公的融資制度もありますので、詳しくは、新規就農相談センターまたは(社)兵庫みどり公社におたずねください。

●相談窓口
篠山市まちづくり部農林政策課
〒669-2397 兵庫県篠山市北新町41
EL:079-552-6580/FAX:079-552-2090

篠山市農業委員会
〒669-2397 兵庫県篠山市北新町41
TEL:079-552-6909/FAX:079-552-2090

新規就農相談センター 別ウィンドウで開く
〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通7丁目28番33号(兵庫県産業会館3階 兵庫県農業会議内)
TEL:078-361-8110/FAX078-382-2191

(社)兵庫みどり公社 別ウィンドウで開く
〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通7丁目28番33号(兵庫県産業会館内)
TEL:078-361-8114/FAX:078-361-2128

丹波県民局柏原農林振興事務所農政課
〒669-3309 兵庫県丹波市柏原町柏原688
TEL:0795-73-3790/FAX:0795-72-4063

兵庫県立農業大学校
〒679-0104 兵庫県加西市常吉町1256-4
TEL:0790-47-1551/FAX:0790-47-1772

農業の研修制度はありますか?

兵庫県では、市町や農業共同組合などを事業主体として、新規就農実践事業を実施し、農家以外の新規就農希望者に対して、3年間の実務研修期間中の研修費の助成等の支援を行っています。また、兵庫県立農業大学校研修課でも、施設を活用して農業の実践技術と経営管理技術の修得を支援する、新規就農実践農場研修事業を行っています。その他、詳しくは新規就農相談センターまたは兵庫県立農業大学校、(社)兵庫みどり公社、兵庫楽農生活センターにおたずねください。

●相談窓口
新規就農相談センター 別ウィンドウで開く
〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通7丁目28番33号(兵庫県産業会館3階 兵庫県農業会議内)
TEL:078-361-8110/FAX078-382-2191

兵庫県立農業大学校
〒679-0104 兵庫県加西市常吉町1256-4
TEL:0790-47-1551/FAX:0790-47-1772

(社)兵庫みどり公社 別ウィンドウで開く
〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通7丁目28番33号(兵庫県産業会館内)
TEL:078-361-8114/FAX:078-361-2128

兵庫楽農生活センター 別ウィンドウで開く
〒651-2304 兵庫県神戸市西区神出町小束野30-17
TEL:078-965-2651/FAX:078-965-2653

農業はしんどいですか?初心者からでもできますか?

暑い日、寒い日、雨の日などなど・・・。大変といえば大変ですが、好きで始められたのであれば、あまり苦にならないのかもしれませんね。最初は、体験者に尋ねられたり、農業の知識・技術を得るために各地で開催の研修会・体験学習会などに参加されたりすることをお勧めします。

起業・創業はできますか?

ひょうご産業活性化センターや篠山市商工会などが補助助成事業を行っています。詳しくは直接お問い合わせ下さい。丹波篠山では、古い農家を改造して、そば屋やパン屋さんをしている方もいらっしゃいます。きっと良い起業ができます。また、整備された情報基盤を生かしたSOHOビジネス(自宅を仕事場にして、情報通信ネットワークを利用して業務を行うワークスタイル)も可能です!

●相談窓口
財団法人ひょうご産業活性化センター
〒651-0096 兵庫県神戸市中央区雲井通5丁目3-1 サンパル6~8階
TEL/TEL (078)230-8040(代)

篠山市商工会 別ウィンドウで開く
〒669-2331 兵庫県篠山市二階町58-2
TEL:079-554-1678/FAX:079-552-6883(本所)

楽しむ

丹波篠山オススメの観光・特産情報が知りたいのですが?

丹波篠山には「おいしい物」や「観光スポット」がたっぷりあり、みどころ満載です。
また、四季折々の「イベント」が開催されますので、春夏秋冬ちがった丹波篠山を感じていただけることと思います。

関連リンク:丹波篠山観光協会 別ウィンドウで開く 丹波篠山築城400年祭オフィシャルサイト 別ウィンドウで開く 丹波篠山 ぶらり散策 別ウィンドウで開く

丹波篠山ならではのおいしい食べ物ってありますか?

豊饒な大地・季節の恵みがもたらす丹波篠山は、特産物がいっぱいです。丹波松茸、丹波黒大豆や山の芋、大納言小豆に丹波栗、猪肉などは、全国ブランドであり、四季折々の味覚が堪能できます。さらに、丹波杜氏の伝統が培った日本酒もあります。最近では、移住して有機野菜や果樹栽培に挑戦する方も少なくありません。新鮮で良質な食材が豊富なことは、丹波篠山暮らしにとって大きな魅力です。

関連リンク:丹波篠山観光協会HP 別ウィンドウで開く

丹波篠山の良さは何ですか?

豊かな自然やおいしい食べ物などなど・・・。紹介しきれないくらい、たくさんありますが、丹波篠山の良さは、誰かに教えてもらうものではなく、あなた自身が見つけ出していくものでもあります!!

丹波篠山~田舎暮らし~を楽しむコツは?

ゆっくりと手間暇をかけたり、コミュニケーション重視の近所づきあいを受け入れたりと、一言で言えば、「与えられた生活」である都会の暮らしから脱却し、「自ら得る生活」を田舎暮らしで実践していくことだと思います。自分を保ちつつ、何にでも興味をもち、自信をもって楽しもうとする姿勢をもっていれば大丈夫でしょう!

最後に、丹波篠山~田舎暮らし~を楽しむ6つのキーワードを参考に頑張ってください!!

(1)「いきがい」
わざわざ田舎で暮らすには訳があるはず。土地が好き、人が好き、やってみたいことがあるなどなど。単にのんびりと暮らすのではなく、自分だけの「生きがい」を見つけてください!!

(2)「準備と勉強」
農業をやりたい、起業したいなど、何かを始めたくて移住するのなら、移住前から準備と勉強をすることが、夢を叶えるための第一歩です!

(3)「知らないことは学びのチャンス」
違う土地から移住してくるのであれば、当然、知らないことが山ほどあります。でも、知らないことは恥ではありません、これから覚えていけばいいんです。知らないものがあればどんどん聞いて、仲良くなるきっかけにしてください。

(4)「五感で感じる」
視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感をフル稼働してください。それぞれの季節にしかないそれぞれの良さを、体全体を使って体感してください!すべてがきっと新しく、そして懐かしい感覚になると思います。

(5)「あいさつ」
手続きも大切ですが、引っ越しをしたら隣近所にあいさつにいきましょう!あいさつからはじまり、あいさつに終わる。人との関わりをもたなければならない田舎暮らしの魅力を感じてください。

(6)「近所づきあい、人づきあい」
丹波篠山には祭りがある、伝統がある、そして何より人とのつながりがあります!失われつつある「人とのつながり」こそ田舎暮らしの醍醐味です。