HOUSE

田舎の家に住むということ

田舎の家に住むということ。
それは、ゆとりのある生活空間で暮らすということです。

家族で住んでも、一人一人のプライベートな自分だけの部屋が確保できます。たくさんの本を置いて書斎にしたり、大きなプロジェクターとスピーカーを買えばホームシアターが楽しめます。

リビングには家族全員が集まり、一家団欒を楽しめます。時には親戚や友達を呼んでホームパーティをしたり、お酒を飲んで朝まで飲み明かすのもまた田舎ならではのゆとりある生活の醍醐味です。

自分らしさを見つける「スローライフ」という生き方

ぽかぽか陽気に包まれる日には、陽の当たる縁側で読書をしたり、のんびり昼寝をしたりして過ごす。庭ではガーデニングをしたり、家庭菜園でおいしい野菜を育てる。そんなスローライフを過ごしてみるのはどうでしょうか?

日々の仕事に追われ、多忙な毎日を過ごしていては自分の内面をじっくりと見つめる時間はとれません。あなたが本当にやりたいことはなんですか?
篠山でのスローライフは、あなたの中に何らかの人生の答えを導き出してくれるかもしれません。

仕事で疲れた夜は、夜空一面に広がるたくさんの星を見ながら、もの思いにふけってみてもいいかもしれません。とっておきのアイデアが見つかるかもしれませんね。秋には涼しい風と虫の声がよりよいムードを演出してくれます。

子どもが健やかに過ごせる場所

お子様がいるのであれば、少し郊外から離れた一軒家を買うことで元気に家中を走り回ったり、大声を出すことができ、のびのびとした生活ができます。

夏には裏の山で虫を捕ったり、庭でバーベキューをしたり、雪が降れば雪だるまを作ったりしながら、子どもが自然とふれあいながら豊かで健やかに成長していけます。

お子様が大きくなったら、一人部屋を用意してあげてくださいね。

まるで大きな家族を作るかのようなご近所づきあい

あなたの家の隣に住む人たちは、きっとあなたたちを歓迎してくれるはずです。田舎暮らしではご近所づきあいも大切です。

一緒に食事を楽しんだり、あまりものを分けあったり、農家であればとれたての野菜やお米をおすそ分けしてくれたり、あなたが望めばまるで大きな家族のように付き合うこともできるでしょう。

また篠山では地域ごとに密な関わりがあります。イベントに地域ぐるみで参加したり、晩餐でお酒を飲んだり、お子様がいるなら子ども同士で遊ぶ機会を作ってもらえたりと、隣人だけではなく、より広くより多くの人たちと深い交流を楽しむことができるのです。