暮らし体験記「星を撮ろう」

 

IMG_1963

 

「篠山には高層ビルはありません。」

 

キラキラした夜の街を眺める。
冬に夜景デートなんてとてもロマンチックでいいですね。
山から見渡す夜景なんか本当に素敵です。

 

でもでもでも!

 

下ばかり見てないで、
ちょっと上を見上げてみてくだい。

 

 

DSC_1756

 

去年流行ったあの映画の世界のようじゃないですか?
撮り方さえ分かれば、初心者でもこんなにキレイな写真が撮れてしまうのです!

 

今回の暮らし体験記は「星を撮ろう」。
あっ、また「なんで星なんだよ」って声が聞こえてきました。
冬に見る星ってより一層美しく見えませんか?

 

冬は空気が乾燥する

空気中の細かい水分が視界を邪魔しない

空がはっきりきれいに見える

 

篠山には空を明るく見せてしまう街の明かりが少ないので、「美しい星空が見やすい環境」なんです。というわけで、今回やってきたのはJR篠山口駅から車で約30分の「おおたわ駐車場」。時間は夜8時くらいから撮影をはじめました。冬ですし、夜ですし、山ですし。これから行かれるあなたは絶対、ゴム製のあの靴なんて履いて行っちゃだめですよ。しっかり防寒対策をして挑んでくださいね。

 

DSC_1700

 

最初の一枚。もはや芸術です。
星を撮ることの何が難しいって「ピントが合わない!!」
ファインダーを覗いても真っ暗だから、勘で合わせていく必要があるんです。

 

何枚も撮って撮って撮りまくって、撮った写真を都度確認して、とピントが合うように地道に調節していきました。

 

DSC_1718

 

かなりの枚数を撮りようやく星が写るように。星を写すとき、長くシャッターを開ける必要があります。今回はシャッター速度を10秒から15秒で撮影しました。手で持って撮るとぶれてしまうので、カメラを固定する三脚が必須になります。
右上にピーッと線が入っているのは飛行機のライトです。飛行機が通るとこのように光の線が出来るんですね。面白い。

 

この原理を利用すれば、光を使っていろんな写真が楽しめます。

 

DSC_1776

 

こちらはシャッター速度15秒。ホワイトバランスは蛍光灯で撮ってみました。携帯のフラッシュなどを利用して線や文字を描くこともできます。

 

 

今シーズンは、篠山での冬の過ごし方を色々と模索してきました。冬は暗くなるのも早いですし、寒いのでお家でゆっくり過ごしがちですが、たまにこうやって外に出てみると新しい冬の楽しみ方を発見できます。

 

 

DSC_8902 2

 

光の具合で隣の人、透けています。霊ではありません。

 

こんなすてきな星空が、自分の住んでいる場所から見られるとは思ってもいませんでした。自然を感じることは都会でもできますが、田舎はもっともっと自然が身近です。

 

あなたも「星」を通して自然に触れてみて下さい。
絶対楽しめます!